girl-2067378_1920

女の子は、愛嬌良くうんうんと何をいっても笑顔で返し、優しいのが一番!
なんて言われてた時代がありました。

結婚し、子供が生まれ、仕事と家事と子育てに追われ、優しく可愛かった妻は「うんうん」と何を言われても笑顔で優しいだけではいられなくなりました。

けれど、長年刷り込まれた良識で 
「うんうん」と優しい妻でいなければ!
良いお母さんにならなくちゃ!
と健気に頑張ってしまいます。

そうこうしているうちに、頑張れば頑張るほどハードな日常生活で自分の本当の気持ちに蓋をして、バラバラと心が壊れたり、自分の考えが出せなくなって自信を失ってしまうのです。


そんな妻の気持ちに気づかない、中途半端に昭和な
男性はまだまだ多くて、亭主関白ぶるけれど
「経済的に全部を支えることはできない。共働きで、よろしくね!お財布は別にしてね!」
なんて言っちゃう。

男性は妻のストレスが爆発するという危機感がありません。
いつまでも妻が羊のような草食動物でいると思ったら大間違いなのにね。

イライラに我慢しきれなくなったら、喉元をガブリ!と食いつくライオンになるかもしれないのに。

今はきっと男女の役割分担の過渡期なのでしょう。

お片づけレッスンの場面でも、夫婦の力関係に偏りがあると、片づけが進まず、暮らしは整わず、家庭内の関係性のこじれがはっきり見えてきます。

必死で家を早く整え終えて家庭生活を効率化したいと行動する妻。
「片づけてくれよ!」と偉そうに言いながら、
片づけが始まると未練が深くモノを手放せない夫。

妻の仕事量をわからずに
「俺ってけっこう家事やる方だよ!ありがたく思ってよ!」
とちょっと洗い物をするぐらい、休日のお昼ご飯作ったぐらいで言う夫などなど。

女性は、どんどんイライラが募って子供に当たってしまったり、爆発して旦那様のことを嫌いにならないかと心配になってしまいます。

私を含め男の子を育てる母親の皆さん。
育ってしまった夫を変えるのは難しいですが、家事が当たり前にできる男性に育てましょうね!
それが息子さんの為でもあると思います。

そして、ハードな毎日を送っている女性の皆さん。
家事サービスもじゃんじゃん使いましょう!
我慢せず、思いを論理的に伝えましょう!

旦那様には、家事のタスクをすべて書き出して、夫婦どちらがやっているか数値化して出して伝えるといいですよ。

例えば、料理関係の家事だと、

『買い物、朝食の準備、お茶を沸かす、水筒洗い、お弁当作り、冷蔵庫の整理、献立決め、夕飯作り、配膳、おやつ、子供の食事の世話、食器をさげる、洗い物、シンクを磨く、テーブルをふく、布巾の漂白、ゴミ出し、ゴミ袋を入れる』

などなどちょっと思いついただけでもこれだけのタスクがあります。

それぞれ、洗濯、掃除、身の回りの片づけ、子供の世話、などすべて書き起こして、旦那様と私、どちらがどれだけの仕事をしているかを書き出してみましょう。

自分の担っている家事の量もわかってもらえるし、分業も具体的に伝えやすいです。

そして、トークイベントにも旦那様と一緒に是非いらしてくださいね!
いじめませんから笑笑。

暮らしを整えることの大切さや、女性の悩みを知っていただき、一緒に思考改革して欲しいです。

+++


「東京、大阪、名古屋トークイベントお申込みはこちらです→★」


「LINEレッスンについて」

LINEレッスンのお問い合わせをたくさんいただき、ありがとうございます。

トークイベントにご参加くださいました皆様へは事務局より、LINEレッスンご応募のメールをお送りさせていただいております。

9月に東京&大阪、11月に名古屋のトークイベントがございます。

まずは是非、石阪スピリットを直接感じにいらしてくださね!




暮らしが整えば大きく心と行動に変化が起きて、疲れていた身体にも心にもエネルギーがよみがえります。

このことを片づけに悩む多く方に知っていただきくてブログ更新を頑張っていこうと思います。
たくさんの方の目に止まりますようにランキングご協力いただけたら嬉しいです。
↓ポチッとクリック↓お願いいたします。 
 


お片づけに悩んでる方。孤独家事で寂しい思いをしている方
是非是非こちらに遊びにいらしてくださいね

48

同じ悩みを持つ仲間がいれば片づけも乗り越えられます。
卒業生さまもたくさん参加されていますよ。
ご参加希望の方には、チャーミングな管理人さんが優しく迎えてくださいますよ。     

現在大阪では下記の書店さんで在庫があると確認しております。 ただ、在庫数も限られておりますので、行かれる前に一度お電話等でご確認の上、 

インスタグラムは、こちら   














 



現在発売中のリンネル9月号!
石阪京子の夏の台所仕事お伝えさせていただいています!