こんにちは。先日初めて基礎講座に参加させていただき、ありがとうございました。
子供との時間、夫との時間、そして自分の時間を大切にしたいのに、部屋が散らかっていることで物事に集中できず、イライラしたり、モヤモヤしたりでしたが、今回こそ片づけ切るぞと強い気持ちをつけていただき、その後ブログでも更にやる気をアップさせていただき、黙々と頑張っております。 



我が家は2LDKで、子供は一人なのですが、夫が家で仕事をしているため一部屋は仕事部屋になっております。それと、もう一部屋は寝室で子供部屋は作れず、子供のものが各部屋に点在している状況です。

ダイニングに子供のおもちゃキッチンがあり、リビングにミニピアノ、積み木やワークの紙類。夫の仕事部屋に文房具や細かいおもちゃが収納できる棚。

絵本は寝る時に読むので寝室に本棚を置いています。
洋服はよく着るシーズンの服はリビングのテレビ台にもなっているチェストの三段引出しを使っていて、自分で出して着ていて、あまり使わない服や園の体操着、カッパなどは寝室の箪笥を一段使っています。 

このままの分量ではどこかにまとめるのは難しいので減らさなければと思いますが、どれも使っていて娘に聞いても絶対に手放さないと思います。
最近使わないものは捨ててと言ってしまっていて、本来は物を大切にする心を育ててあげなければいけないということを先日の講座で教えていただき、当たり前のことを忘れていたことにハッとしました。
与え過ぎたことに反省し、今後は物より大事なことを与えてあげたいです。
 

こんな状況で子供部屋が作れない場合にはどこに置くと良いのか迷ってしまい、アドバイスをいただきたくコメントさせていただきました。
お忙しいところ、申し訳ございませんが、宜しくお願い致します。

かなこ


+++

2LDKに3人家族ではなく、実質1LDKに3人家族で住まわれるという設定ですね。

ご質問を拝見して、まず知りたかったことは、二点。
旦那様の仕事部屋は、住空間を削ってでもどうしても必要なのかな、という点。シェアオフィスや、倉庫を借りるなど安価な仕事部屋は作ることはお考えにないのでしょうか?
そして、もう一点は残りの1LDKがどのくらいの広さがあるのかなぁ。。。という点。

そのあたりがわからないのですが、旦那様の部屋は必須、リビング12畳ほど、残りの居室は6畳、という一般的なスペースでお答えしますね。

ブログでは、度々お伝えさせていただいていますが、人が暮らすためには絶対に必要なスペースがあります。

寝るスペースですね。
一人約1.5畳。モノは減らせても寝る場所と寝具は必須です。

3人いらっしゃるということは、隙間なくぎゅうぎゅうに布団を敷いたとしても、寝るスペースだけで4畳半は必要です。

さらには布団をしまう場所が必要なので、布団ならもう1畳は必要ということになります。

3人が睡眠をとるだけで、約6畳は必要なんです。

もしベッドにするなら、家族が3段ベッドにするのがミニマムな方法です。学生寮みたいですね。
3人分の衣類や、持ち物を置くスペースがベッド下にも増やせます。
モノをミニマムに持てれば、3人分の衣類や身の回りのモノのスペース確保はできると思います。

布団はオールシーズン同じにして、季節外はクリーニング保管サービスを利用します。


お子さんはまだ小さいようですが、これから大きくなるためには、様々な道具が必要になってきますね。

その道具類や身の回りのモノを自分で管理できるように成長を促すのが親の務め。
ワークやおもちゃより、まずは重要だと私は思います。

私の親世代は、家が狭く、兄弟も多くて一人あたりのスペースは大変せまかったと聞いています。
それでも綺麗に暮らしていました。
それは、モノがない時代で、衣類も同じ物ばかり着ていたと言いますし、おもちゃなんてなかったわけです。

今は、モノも情報も溢れていますから、無駄はもちろんゆとりの部分も完全に削ぎ落とさなければ、1LDKで家族で暮らすのは実とても難しいんです。
1LDKに暮らすために必要なのは、まずはミニマムに暮らす覚悟です。

トークイベントでお伝えした、2Kに暮らす 名古屋の方のようにね。
o7d42bdb4c00c4d2e42284faa953df641_6409461_180922_0010

覚悟を決めたなら、間取り図に個人の就寝スペースから書き出します。

私は不動産の仕事もしているので、都会に暮らさず少しだけ坪単価のお安いところに住まわれたら、狭さにギスギスしなくていいですよ。。。とご提案することもあります。

今のご質問だけだとアドバイスは難しいのですが、個人の割振れるスペースを、間取り図に書いていくとことが大切です。
リビングは、本来なら個人のモノを置かない場所です。
家族のくつろぐスペースがなくなりますならね。

でももし、どう頑張っても個人のモノが収まらず、キャパオーバー無理!となれば、リビング側を区切って個人のスペースにすることになります。

その場合は、本当に見た目の良い家具を置き、高さをしっかり
使い切って空間を使うということになるんですよ。
IMG_3896
ご質問の答えに添えたかわかりませんが、まずは旦那様の仕事スペースが本当に居住スペースを圧迫してでも必要なのかを、寝るスペースから図面に書いて話し会われてはいかがでしょう。

またご質問あればコメント欄に入れてくださいね!

 
+++事務局よりお知らせです+++

「個別LINEレッスンお申込みメール配信のお知らせです」

9/17午前11時に、個別LINEレッスンお申込みのご案内をお送りしています。

LINEレッスンは、トークイベントにお越しくださった方のみ、受講していただくことができます。
もし、トークイベントにお越しになったことがある方で、メールが届いていないという方がいらっしゃいましたら、トークイベントお申込み時の事務局メールまでご連絡ください。
また、迷惑メールに入っている可能性もありますので一度ご確認くださるようお願いいたします。
事務局より

+++

暮らしが整えば大きく心と行動に変化が起きて、疲れていた身体にも心にもエネルギーがよみがえります。
このことを片づけに悩む多く方に知っていただきくてブログ更新を頑張っていこうと思います。
たくさんの方の目に止まりますようにランキングご協力いただけたら嬉しいです。
↓ポチッとクリック↓お願いいたします。 
 


お片づけに悩んでる方。孤独家事で寂しい思いをしている方
是非是非こちらに遊びにいらしてくださいね

48

同じ悩みを持つ仲間がいれば片づけも乗り越えられます。
卒業生さまもたくさん参加されていますよ。
ご参加希望の方には、チャーミングな管理人さんが優しく迎えてくださいますよ。     

現在大阪では下記の書店さんで在庫があると確認しております。 ただ、在庫数も限られておりますので、行かれる前に一度お電話等でご確認の上、 足を運んでいただけらば幸いです。    


☆インスタグラムは、こちら
   


  

 
 

現在発売中のリンネル9月号!
石阪京子の夏の台所仕事お伝えさせていただいています!