IMG_7236
10月10日発売、女性セブンさんにて洗濯についてお話しさせていただきました。

「時短洗濯達人」とご紹介いただいたのですが。。。

実はちょっぴり心苦しく。。。

なぜなら、私の中でもはや洗濯は機械がやることカテゴリで、私自身が洗濯を時短している意識さえも全くないんです。

パンをトースターで焼いている時のような。。。

電気ポットでお湯を沸かすような。。。

何も考えていないのと同じ感覚の家事なんです。

この『女性セブン』さんのページでは、とっても細かく調査もされていて、読者さん774名に、

「洗濯で時間がかかっている作業は?」

とアンケートを取られています。

アンケート結果では、最も時間がかかるのは「干すこと」。

こう答えた方が、なんと297名もいらっしゃったんですよ。

なんとびっくりです!!!!

家電がこんなに進化しているというのに!!です!!

アメリカでは洗濯物を干すのは景観をそこねるから禁止という州もありますし、干さないのが当たり前。

私がホームステイした32年前から、真夏のカリフォルニアの住宅街で洗濯物を干す家は一軒も見当たりませんでした。

フルタイムで働く3人の子育て真っ最中のホストマザーは、洗濯に時間と手間を取られていませんでした。

その上で、毎週末にはご近所さんと自宅に料理を持ち寄ってのホームパーティーするのが恒例だったり、
平日の夜もナイターの野球を見に行ったり、買い物に出かけたり。

アクティブで楽しい毎日にワクワクして過ごしたことが今も心に強く残っています。

それなのに日本では、ジメジメした梅雨も、メイクが溶けて流れてしまう暑い夏も、手がかじかみ凍えるほど寒い冬も、洗濯物を干すんです。

部屋干しをしていると部屋は湿気てカビ臭くなるし、乾かない洗濯物を眺めながらの夕飯は。。。

なんだか幸福感が得られないと感じてしまいます。

この悩み、ドラム式洗濯機に変えたら、一気に無くなるんですよ。

私の場合は、シーツは週2で引っ剥がしてほうりこんで洗濯完了。

すぐに仕上がるので、タオルのストックは5枚で足りています。
IMG_6386
カットソーなど手洗いしたほうがいい洋服は、ドライコースで洗うか、もしくは洗面所でジャブッと洗い脱水を1分ほどかけて、クローゼット用のハンガーで干すだけです。

一人暮らしの子ども達も、まとめ洗いしたものをコインランドリーで乾燥させて一気に洗濯を終わらせているそうです。

忙しいからこそ、自分の学ぶ時間を作ったり身体を休めたりした方が良いよねと話しています。

「雑巾とかひどい汚れものは分けるの?」

とよく聞かれますが、雑巾などは洗面所で予洗いして洗濯機へポイで完了です。↓



「乾いた服はどうするの?」

乾燥まで終えたら隙間に収納したイケアのスクップにしわけて、各自で片づけてもらいます。↓



「洗濯機のお手入れはどうしていますか?」

専用洗剤の紹介をこの記事で書きました。↓

 

お片づけレッスンの生徒さんも続々と干さない派になられ、家族団欒、貴重な時間が増えたとおっしゃっています。↓



ドラム式の使い心地をレポしてくださっている過去記事も参考にしてみてくださいね。↓



「時短洗濯」というテーマ。

私が最もお伝えしたいのは、洗濯のテクニックなどもういらないということです。

アメリカの雑誌に洗濯の時短特集なんかあるのかなあ…、

洗濯はとっとと機械に任せてしまい、家事から外してしまっていいんです。

干さなくていいし、畳まなくていいし、一人でやらなくていいし。。。

干さないから、我が家には洗濯ピンチも洗濯ネットもないし、それらの収納場所も作らなくていいんです。

こだわりを捨てたら、スーーーーーーッと家事も楽になり部屋も片づくこと、実感していただきたいなと思います。


  大阪、東京、名古屋のトークイベント お申し込みはこちら↓です!

家事のしなくていいことに他にもたくさんありますよ。



ブログが お片づけに悩むたくさんの方の目に止まりますように!ランキングご協力いただけたら嬉しいです。
2つポチッとクリックお願いいたします。
  ↓        ↓
 
  
    ☆インスタグラムは、★こちら       
片づけや家事の悩みは一人で悩まずみんなで解決しませんか?
facebookグループ

片づけの向こう側~石阪京子先生の片づけメソッドで人生を輝かせよう!~

とても優しい管理人さん達が運営して下さっています。

+++