日本独特の収納、押入れは、奥行きもあり大容量の収納スペースです。

そもそも布団をしまうことを前提に作られていますから、細かいモノをちょい置きしようものならいつの間にかモノが迷子になってしまいます。

「たくさん入るし、とりあえず押入れにしまっとこう〜!」

という感覚でいると、ちょい置きしたモノはいつしか見当たらなくなり、時空を超えて次に出会うのは20年後なんていうのもあるあるです。

というのも、先日、生徒様と押入れの片づけをしていたら、ちいさなベビー用の靴下が出てきたんです。

来年から一人暮らしをはじめられる息子さんのベビー靴下を発見して、思わずウルウルされた生徒様。

押入れってタイムマシーンみたいねーなんておっしゃっていました。

ベビー用の靴下が出てきたなんていうのはなんだかほっこりする話ですが、ある生徒さんの押し入れからは、紛失した家の鍵が出てきました。

鍵がなくなった時は、誰かに盗まれたのではと大騒ぎしたそうです。

そんな風にならないように、押入れの収納にはポイントがあるんですよ。

それはたった一つ。

「大雑把に区切ること!」

空間を細かくケースで区切ると、使ったものを元に戻すのが大変です。

こちらのお宅の押入れも、50個以上のケースで区切られていました。

<ビフォー>
oee763919acb352424ea0bed8dc187242_44042487_191015_0027
<アフター>

オンシーズンの衣類はケースから出してハンガーにかけ、空いた引き出しには細々としたモノを収納しました。
oee763919acb352424ea0bed8dc187242_44042487_191015_0037
ざっくり仕切ることにしたため、ケースは21個になりました。

使ったモノを戻せないのは、このように細かいパズルをやってしまっていることが大きな要因です。
 
使ったものを元に戻すのが苦手な方は、まずケースが多すぎないかを確認しましょう。

その後モノの厳選をしたら、何種類かのモノを収納ケースに相乗りさせて、ケースの数を減らしてみてくださいね!

グンと使いやすくなりますよ。

押入れ記事の過去リンクはっておきます!

どうぞご覧くださいね。





+++
大阪東京名古屋トークイベントのお申し込みはこちらです!



+++

ブログが お片づけに悩むたくさんの方の目に止まりますように!ランキングご協力いただけたら嬉しいです。

2つポチッとクリックお願いいたします。
  ↓        ↓
 
  
    ☆インスタグラムは、★こちら       
片づけや家事の悩みは一人で悩まずみんなで解決しませんか?
facebookグループ

片づけの向こう側~石阪京子先生の片づけメソッドで人生を輝かせよう!~

とても優しい管理人さん達が運営して下さっています。

+++