「こちらのお家の部屋の使い方は一般的ではないですよね?」

とテレビや雑誌での片づけロケで、家族全員、またはお子さんとお母さんが一つの部屋で一緒に寝ているお家を見て尋ねられる事が多々あります。

「いえいえ、今は小学生になってもお子さんとご両親が同室で寝られる方が多いですよ。さらには家族分の布団をしまう場所がないから万年床のお家も多いんですよ」
 
とお伝えするとびっくりされます。

お子さんと一緒に寝る就寝スタイルは、片づかないお家の大きな特徴です。
IMG_9968
 IMG_9966
IMG_9970
IMG_9969

以前、

「どうせまた寝るのにどうして万年床じゃだめなんですか?」

と聞かれたことがありました。

家が荒れる大きな原因は、審美眼が落ちること。

汚い空間に慣れることです。

布団を踏んづけても平気だから、床にモノをおきっぱなしにすることも平気になってしまいます。

汚部屋の連鎖は就寝スペースから始まっています。

まずは寝るスタイルを見直してみましょう。

押入れに布団をしまうことができない収納の少ないおうちなら、収納付きベッドに変えると空間は効率よく使えますよ。

たとえば、スノーボードやアウトドア用品、節句飾りなど大きくかさばるものを収納したいお家なら跳ね上げベッドが適しています。


頻繁に取り出したい衣類や普段使うものをしまいたい方には、引き出しのついているタイプがおすすめです。


家具を置くスペースもないほど狭いワンルームなどは、大容量の引き出し収納ベッドがおすすめです。

就寝スペースは必ず確保しなければいけない貴重なゾーン。

狭い部屋に布団を敷きっぱなしにしてスペースを有効活用できないのはもったいないです。

スッキリ暮らしたいけど収納が少ないお家は、是非就寝スペースを見直してみてくださいね!!
c01586cbace2f8024c15622c44dd526c8_31435035_191117_0038
c01586cbace2f8024c15622c44dd526c8_31435035_191117_0047

  +++

東京、大阪、名古屋トークイベントの詳細はこちらです。




ブログが お片づけに悩むたくさんの方の目に止まりますように!ランキングご協力いただけたら嬉しいです。
2つポチッとクリックお願いいたします。
  ↓        ↓
 
         にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へにほんブログ村

facebookグループ

片づけの向こう側~石阪京子先生の片づけメソッドで人生を輝かせよう!~

とても優しい管理人さん達が運営して下さっています。

毎日のご飯はインスタグラムをご参考にしてみてくださいね!
スクリーンショット 2019-10-16 3.12.26

+++