介護は、一生懸命にならない方がいい

先日はzoomでの講座ありがとうございました。

先生を初めて知ったのは、トークイベントに参加した姉が先生のサイン入りの本をプレゼントしてくれたことがきっかけでした。

元気だった母の介護が急に始まり、2世帯同居介護をしています。

先生が最後にご両親の写真を出してくださりお話してくれた時は、涙、涙で聞きました。

介護に子育てに忙しくてたくさんする事がありますが、部屋が整っていればなんとかなる!

私も目標はそこです。

同居になったので山の様に物は手放し、母も「大きな食器棚も危ないから全部処分して!」と言ってくれて

どんどん物が減るなか、父だけは昔の物が捨てられません。

子供部屋のクローゼットには会社員時代のスーツが眠っており大変不便で困っていますが、処分は無理そうです。

少しずつ時間をかけていくしかないと思っています。

介護しながらで片づけ出来ない日もありますが、先生のblogを読んでは引き出し1つ棚1つ掃除と進めています。

今回はzoomだったので、介護中の私にも講座を受けるチャンスをくださりありがとうございました。

また何回でも受けたいです(笑)

そしていつか実際の先生にお会いできる日を楽しみに今日もちょこっと片づけ頑張ります!

アンケート遅くなりすみませんでした。

Kより

+++


image
K様へ

ご両親との同居と介護、そして子育て。

K様の実のご両親とはいえ二世帯同居での暮らしを一人で回しておられるのは、

人に言えないご苦労がたくさんおありでしょう。

元気だった両親が老いて弱々しくなる姿を見るのは本当につらいし、

親の介護は、子育てとは違い明るい未来が描けないですから、心が痛いですね。

こんな事を言うと怒られそうですが、介護は、全力をかけて一生懸命やらず、

サービスも使い負担を減らしてゆる〜く、ゆる〜い気持ちでなさって下さいね。

そうじゃないと、続かないんです。

私も26歳で結婚してから、会社が休みのたびに義母のお世話という状況がはじまりました。

特に会社が休みの連休は自宅での介護がつらかった。

身体を拭いたり下のお世話はよくわからず下手でしたし、どんどんきつくなってきて、

義母のことも、夫のことも嫌いになりそうになった時期がありました。

K様はそんな事はないと思いますが、体力的にも、精神的にもいっぱいいっぱいにならないようにして下さいね。

整った暮らしは介護も子育ても楽になりますので、暮らしの基礎を整えること、全力で応援します!!

困ったことが有ればいつでもコメント下さい!!

お悩みの、お子さんの部屋を占領している、お父様の会社員時代のスーツですが。。。。

困りましたね。

私、モヤモヤするお気持ちが、ものすごーーくわかります。

私も母の病気が進行し、母がしょっちゅう転倒するようになって、

父と何度も大喧嘩をして実家の荷物を捨て、車椅子生活への準備をしました。

電子ピアノ、大きな食器棚、コンポ、大きな座卓・・・

まだ気になるモノはありますが、そこそこ手放せたのは、

私が父以上に頑固で、しつこく、父は根負けしたのだと思います。(笑)

私と違い、K様はお父様の気持ちに寄り添いとってもお優しいので、ご両親はお幸せですね。

K様がモヤモヤせずに、ゆっくり片づけを進めても支障がなければ、もちろんその方法がベストですよ。

けれどもしも、そうはいかない、しんどい!苦しい!と思われる時が来たなら、

古いお父様のスーツ類は、お子さんの部屋ではなく、

ご両親のスペースに置いてもらえるように交渉してはいかがでしょう?

高齢になればなるほど捨てることを受け入れられず、

お父様の気持ちが変わるのはかなり難しいかなと思うので。

子供が成長するためには空間が必要ですから、そちらを優先したいです。

また、一番心配なのは、忙しいK様が、

ホッとできる場所があるのかどうか…気になります。

これ絶対に作ってください。

K様、ご自身がお家の太陽でいることが、ご家族みんなの幸せに繋がりますからね。

介護サービスなど利用し、お出かけもしてください。

私もママ友達にずいぶん愚痴を聞いてもらって癒してもらいました。

夫や義母の悪口もいっぱい言いましたよ〜(笑)

K様、いつか直接お会いできる日を心から楽しみに私もゆるゆる頑張りたいと思います!

zoom講座もまたやりますね!

zoomで、エアハグしましょう!!!

+++
 
ご登録いただきますと、このブログの更新通知をLINEで受け取れます。
   ↓



ブログがお片づけに悩むたくさんの方の目に止まりますように!ランキングご協力いただけたら嬉しいです。
2つポチッとクリックお願いいたします。
  ↓        ↓ 
 

LINEレッスンについて

LINEレッスンは、トークイベントで思考改革、片づけの方法を学んでいただいた方のみが、
ご受講いただけるシステムになっております。

トークイベントにご参加くださり、LINEレッスンをご希望という方がいらっしゃいましたら、
トークイベントお申し込み時の事務局メールまで、「LINEレッスン希望」との旨ご連絡くださいませ。
事務局より、LINEレッスンの詳細をお送りさせていただきます。

関連記事









著書