捨てることに拒否反応?4歳の女の子がモノを捨てられない理由


昨年のブログにコメントすみません。

毎日更新を楽しみに拝読しています。

今年もよろしくお願いいたします。


おもちゃなど子どものモノの管理に関して悩んでいます。


もうすぐ4歳になる娘が「捨てる」ことに対してものすごく拒否反応を示します。


破れてぐちゃぐちゃな折り紙でさえ「取っておく」と執着します。


食事を食べきれず残すときも「捨てないで」と泣き叫びます。


このまま大きくなったら、かつての私のようにモノを溜め込み、モノに支配される子になるのではないかと心配です。


子どものモノの管理は今は私がしています。


おもちゃを買い与えるのはクリスマスや誕生日のみ、増えすぎないよう気をつけ、枠内に収まっています。


祖父母や叔父叔母(私の父母弟妹)が時に買い与えてしまった100均のものやガチャガチャ、飲食店のオマケでただでもらったものなど、


こまごましたおもちゃは、遊ばなくなったら私がこっそり捨てています。

また、いわゆる「おかたづけ」はできます。


寝る前のリセットのとき、下の子が使ったおもちゃも含め、娘が積極的に片づけてくれます。


でも、「つかわないものとバイバイしよう」と言うと「ぜんぶつかってる! すてるのやだ!」となってしまうんです。


今後も私が勝手に捨てていくしかないんでしょうか…


なんだかそれも心苦しく悩んでいます。


ユウ

+++

IMG_4149

これまでお片づけレッスンを通して、たくさんのお子さんとお片づけをさせていただきました。

お子さんとの片づけは、そのお子さんが常日頃どんなことを大切にしているかが、とてもよくわかります。

モノを手にしながら、そのおもちゃはどういう経緯でやってきたのか、どんな風に遊ぶのか、どこが好きなのかなど、

大人の想像力では浮かばない遊び方などを聞くことができとても楽しいです。

またご両親や兄弟、おじいちゃんやおばあちゃん、お友達、周りの人たちへのピュアな心が発する愛を感じることができ、心がキュンとするとても楽しい時間です。

ユウさんも是非お嬢さんとの片づけは、捨てさせることに集中せず楽しんでみてくださいね。

捨てられないと焦らなくて大丈夫ですよ。

まだ4歳になったばかりだもんね。

子は親の鏡といいますが、お嬢さんは、まだユウさんがモノを手放せなかった頃の心を持っているんだと思います。

時間が経てば、今のユウさんのマインドが伝わっていくでしょう。

そして、優しい娘さんは、「使わないモノはバイバイしよう」という言葉に寂しい感情を抱くのかもしれませんね。

「バイバイやサヨナラ」は、子供には悲しい言葉じゃないかな。

「すてるのやだ!」というお嬢さんの言葉に現れているように感じました。


うちの子供達が3歳ぐらいの頃を思い出してみると、私の両親が家に遊びに来てしばらくして

「そろそろ帰るね!ばいばいまたね!」というと子供達は玄関まで父母を追いかけていって

大泣きしていました。

孫に泣くほど欲せられ、父と母は嬉しそうにしていましたね。

うんうん懐かしいなあ。。。

ですから、「捨てる」や、「バイバイ」という言葉を使わずに、

「新しいおもちゃを迎えるために場所を開けよう」

というようなポジティブな声をかけてみてはいかがでしょう?

そして、子供達のモノではない、ユウさんのモノの片づけのお手伝いをしてもらったり、

簡単なお掃除を手伝ってもらったりしながら、お部屋を綺麗にすることを伝えてみてはいかがでしょう。

言葉で説明が難しい幼い頃は、見たり感じたりしながら、心が成長していくと思いますよ。

年齢的に、話していることが理解できるようになったら、捨てるだけでなく、

売ったり、寄付したりする方法でモノを社会に循環させることも教えてあげるといいですね。

最高に楽しい子育ての時間を、大いに楽しんでくださいね!

そして、ご飯を捨てないでーという娘さんは素晴らしいと思うので、

食べ切れる量をよそってあげてくださいね!

+++


「ダイヤモンド・オンライン」と「朝時間.jp」で

新刊紹介の連載が始まりました!




 +++





+++ 

 

ご登録いただきますと、このブログの更新通知をLINEで受け取れます。
   ↓



ブログがお片づけに悩むたくさんの方の目に止まりますように!ランキングご協力いただけたら嬉しいです。

2つポチッとクリックお願いいたします。
  ↓        ↓ 
 

         にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へにほんブログ村

 

片づけの向こう側~石阪京子先生の片づけメソッドで人生を輝かせよう!~

とても優しい管理人さん達が運営して下さっています。




毎日のご飯はインスタグラムをご参考にしてみてくださいね!

スクリーンショット 2019-10-16 3.12.26

LINEレッスンについて

LINEレッスンは、トークイベントで思考改革、片づけの方法を学んでいただいた方のみが、
ご受講いただけるシステムになっております。

トークイベントにご参加くださり、LINEレッスンをご希望という方がいらっしゃいましたら、
トークイベントお申し込み時の事務局メールまで、「LINEレッスン希望」との旨ご連絡くださいませ。
事務局より、LINEレッスンの詳細をお送りさせていただきます。

関連記事


著書