要不要の正解は人それぞれ暮らしによって異なります

IMG_9345

『先生、毎日のブログ励みになります。ありがとうございます。


親(健在)が作ってくれた着物の喪服を手放していいか?一度は、手放す!と決めたのに、明後日業者が来るのですが。

また、うじうじ悩み出しました。
 

自分で決断の訓練しましょう!のブログなのにすみません。

親が亡くなったら、処分しようかな?でも亡くなるの待ってるみたい…?

一人ぐるぐるうじうじです。でも邪魔なんです…。』

とも

+++


『私もあります。親が、私の結婚の時。持たせてくれた着物色々…

でも、売ると、どんな高価な着物も、二足三文だそうですよ。(よくTV等で宣伝している、自宅へ取りに来てくれ、高価買取が謳い文句の業者)
 

私は、もう少し、手元に置いとこうかなと、思っています。

この判断、正解かどうか、今のところわかりませんか…』 

ロンリーママ

+++

今日はお二人の方から、着物の片づけについてコメントをいただきましたので、私の考えをお伝えさせていただきますね。

 着物は、宝石のような扱いをされていた時代が長くありましたから、着ないからといっても手放しがたいモノですよね。

とても美しいモノですし。

けれど、今の時代はロンリーママさんがおっしゃるように、買取価格は二束三文。

着物を買い取りにきた業者に「宝石持ってないですか?」なんて、強引に貴金属を安く買い取られそうになったという方もいらっしゃいます。

さて、高価な着物がなぜ二束三文でしか買い取ってもらえないか。

それは、もう単純に、需要がないから。

一日出かけても、着物を着ている方を一人も見ないことの方が多いですよね。

自分で着られなかったり、お手入れも大変だったり、着る前に襟をつけるのも面倒だったり。。。

けれど私の子供の頃は、授業参観に一人か二人、着物のお母さんがいました。超昭和です。(笑)

父方の祖母は毎日着物で暮らしていましたが、きっと時間にゆとりのある時代だったんでしょうね。

まあそういうことなので、着物は、着る機会がないので、売れないわけです。

(一部作家ものなどは高額に取引されますがそういうものとは別として。)


手放すかどうかを悩んでおられる、ともさんの場合は、


ご本人が「じゃま」とおっしゃっているので、不要なんですね。

存在がストレス。

そこにあるだけで不便や不快が生じるものは、お家から出して良いモノです。

そして、お着物が喪服ということですから、お身内にご不幸があったとき着るかどうかも判断基準ですね。

ロンリーママさんの場合は、スペースを圧迫していないようですし、そのまま所有されていて良いかと感じました。


ただ、就寝スペースに着物用のタンスを置いていて、転倒の可能性があり危険な場合は、タンスを撤去するか移動することを考えてみて欲しいと思いました。

これからの時代、着物を自分で買うことは少なくなっていくと思いますが、

親や親戚からもらって困ることがないように、保管場所がなければありがたくご辞退しておくのが対策かなと思っています。


+++


「ダイヤモンド・オンライン」と「朝時間.jp」

新刊紹介の連載が始まりました!




 +++





+++ 

 

ご登録いただきますと、このブログの更新通知をLINEで受け取れます。
   ↓



ブログがお片づけに悩むたくさんの方の目に止まりますように!ランキングご協力いただけたら嬉しいです。

2つポチッとクリックお願いいたします。
  ↓        ↓ 
 

         にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へにほんブログ村

 

片づけの向こう側~石阪京子先生の片づけメソッドで人生を輝かせよう!~

とても優しい管理人さん達が運営して下さっています。




毎日のご飯はインスタグラムをご参考にしてみてくださいね!

スクリーンショット 2019-10-16 3.12.26

LINEレッスンについて

LINEレッスンは、トークイベントで思考改革、片づけの方法を学んでいただいた方のみが、
ご受講いただけるシステムになっております。

トークイベントにご参加くださり、LINEレッスンをご希望という方がいらっしゃいましたら、
トークイベントお申し込み時の事務局メールまで、「LINEレッスン希望」との旨ご連絡くださいませ。
事務局より、LINEレッスンの詳細をお送りさせていただきます。

関連記事


著書