収納は引き出しより棚が断然重宝します!

家の空間は、お金を支払い権利を買ったわけですから、無駄になんてしたくないですよね。

例えば、使い勝手の悪いデッドスペースだらけの空間があると、なんだか損をしちゃった気分!

ストレスに感じてしまうことはあると思います。

わたしも不動産物件を見ていて、なんでこんな奥行きが深すぎる収納つくっちゃったのおお?

とか、こんなところに無駄に中段いらないのにーと思う現場は多々あります。

こういう場合は、早めにDIYや、すこし費用はかかったとしても大工さんに手直ししていただくことが
長く心地よく暮らすために良いと私は思います。

例えばこちらのような押し入れタイプの収納スペースは良くみかけますが、奥行きが深いうえ、中段があるので奥のモノが取り出しにくいんです。

こちらのお家では、パントリーがこのような収納でしたから、細かいモノが迷子になってしまい何度片づけてもごちゃごちゃしちゃうとお悩みでした。

<ビフォー>

FullSizeRender

そこで大工さんにお願いして、可動式の棚を設置していただきました。

どこに何があるか一目瞭然ですから、大変使いやすいパントリーになりました。


<アフター>

 IMG_0948

また、こちらのお家には、棚も何もない状態で引き出しケースを並べておられました。

けれど引き出しケースに入れるには高さ制限がありますから、引き出しに入らないモノは溢れてしまいます。

そして、スペースは使いきれず、大空間なのにもったいない収納スペースでした。

そこでモノの厳選の後DIYで、可動棚を設置、収納力たっぷりの美しい収納庫ができました。

<ビフォー>
IMG_0940
<アフター>
IMG_0944
IMG_0943
IMG_0942
奥行きの深い収納は、人が一人入れるぐらいのスペースを確保して棚を設置すれば、作業もしやすくなります。

可動棚を作る際は、壁に下地が入っているかを確認し、なければ下地となる木材をいれて、レールをとりつけます。

デッドスペースに困っている方は挑戦してみられると良いと思いますよ。

ご参考になれば嬉しいです!

+++


「With online」「ダイヤモンド・オンライン」と「朝時間.jp」

新刊紹介記事が掲載中です!







 +++





+++ 

 

ご登録いただきますと、このブログの更新通知をLINEで受け取れます。
   ↓



ブログがお片づけに悩むたくさんの方の目に止まりますように!ランキングご協力いただけたら嬉しいです。

2つポチッとクリックお願いいたします。
  ↓        ↓ 
 

         にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へにほんブログ村

 

片づけの向こう側~石阪京子先生の片づけメソッドで人生を輝かせよう!~

とても優しい管理人さん達が運営して下さっています。




毎日のご飯はインスタグラムをご参考にしてみてくださいね!

スクリーンショット 2019-10-16 3.12.26

LINEレッスンについて

LINEレッスンは、トークイベントで思考改革、片づけの方法を学んでいただいた方のみが、
ご受講いただけるシステムになっております。

トークイベントにご参加くださり、LINEレッスンをご希望という方がいらっしゃいましたら、
トークイベントお申し込み時の事務局メールまで、「LINEレッスン希望」との旨ご連絡くださいませ。
事務局より、LINEレッスンの詳細をお送りさせていただきます。

関連記事


著書