子供部屋に必要になる家具は、ベッドとデスクと本棚

子供部屋の収納の記事、とても興味深く拝見しました。

私も先生のセミナーに1度参加させて頂き、著書も拝見しながら少しずつ物を捨てて片づけてきましたが、現在停滞中です。

我が家は子供部屋とする部屋を子供が産まれるまでとりあえずの物置き場として使用しており、

それらが片づかないまま子供は2人とも小学生になりました。

部屋はそれぞれ5.5畳(間口約1.5mのクローゼット付)と6畳(間口約2.5mのクローゼット付)を割り当てるつもりで、それとなく子供のものが置いてあります。

が、普段使うものは居間にあり、使わないものを部屋の床に置いている状態です💦

子供部屋には家具はひとつもないので、一からつくることになるのですが、その場合、机、ベッド、棚等家具を買ってしまい、それに見合わせた物量にするというやり方と、

とにかく物を減らして、それに見合う家具を後から買うやり方とどちらが良いのでしょうか。

また、上記家具を買う際のお勧めポイントを教えて頂きたいです。

例えばベッドは引き出し付きやパイプベッド、机は棚付きや平机等種類がありますが、

収納は沢山あるに越したことがないのか、それとも収納が多い家具は圧迫感があるかなとか…。

色々と考えて前に進めずにいます。

長文で申し訳ありませんが、何かの際に教えて頂けたらありがたいです。

さちぼん

+++

さちぼんさん、新学期がはじまるこの時期にタイムリーなご質問有難うございます。

同じ事で悩んでおられる方きっと多いと思います。

最近のご家庭は、リビングに子供ののモノを置いて、子供部屋になるはずのお部屋が物置状態で使えていないというお家が多いんですよね。

それは、親がズボラだからという理由ではなくて、ワーキングママが増えたことが原因ではないかな〜
と私は思っています。

ベビー時代は、リビングに子供のモノを置いてた方が育児がしやすいですものね。

その習慣のまま仕事復帰し、暮らし方を見直す時間もなく、子供達が成長してさらにモノが増え、リビングが無法地帯に。。。

というパターンだと思います。

荒れてしまった場所にも慣れてしまいますから、改めて家族を率いて軌道修正をすることは、ゼロから子供部屋の仕組みを作るよりずっと大変ですが頑張りましょう!!

『子供部屋には家具はひとつもないので、一からつくることになるのですが、その場合、机、ベッド、棚等家具を買ってしまい、それに見合わせた物量にするというやり方と、

とにかく物を減らして、それに見合う家具を後から買うやり方とどちらが良いのでしょうか。




まずは、モノを減らしましょう。

厳選後のモノの総量を見て、家具を決めた方が失敗しません。

既存のクローゼットに衣類やおもちゃを入れ終えてみると、ベッド下も収納として使わないと収納が足りないなあなど見えてくると思いますよ。

そして、子供部屋に必要な家具は、ベッド、デスク、本棚になります。

これらが一般的な子供部屋の写真です。

ご参考にしてみてくださいね。
IMG_1912
IMG_1913
IMG_1914
家具の配置は、最も大きいベッドのスペースから確保します。

次にデスクを選び、残りに本棚を置くとよいでしょう。

模造紙などを実寸大にカットし、床に置いて家具を置いた時のシミュレーションをすれば、

家具を入れたら入らなかったー!ということを避けられますよ。

では、引き続きお片づけ頑張ってくださいね!

応援しています!!

 +++



「With online」「ダイヤモンド・オンライン」「朝時間.jp」で

新刊紹介記事を掲載中です!



 +++




+++ 

 

ご登録いただきますと、このブログの更新通知をLINEで受け取れます。
   ↓



ブログがお片づけに悩むたくさんの方の目に止まりますように!ランキングご協力いただけたら嬉しいです。

2つポチッとクリックお願いいたします。
  ↓        ↓ 
 

         にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へにほんブログ村

 

片づけの向こう側~石阪京子先生の片づけメソッドで人生を輝かせよう!~

とても優しい管理人さん達が運営して下さっています。




毎日のご飯はインスタグラムをご参考にしてみてくださいね!

スクリーンショット 2019-10-16 3.12.26

LINEレッスンについて

LINEレッスンは、トークイベントで思考改革、片づけの方法を学んでいただいた方のみが、
ご受講いただけるシステムになっております。

トークイベントにご参加くださり、LINEレッスンをご希望という方がいらっしゃいましたら、
トークイベントお申し込み時の事務局メールまで、「LINEレッスン希望」との旨ご連絡くださいませ。
事務局より、LINEレッスンの詳細をお送りさせていただきます。

関連記事


著書