片づけの向こう側はじわじわとやってきた!

1年がかりで片づけたAさま邸のビフォーアフターは、こちらをご覧くださいね。



「Aさまより片づけを振り返ってのご感想」

片づけは何度も何度も挑戦して、挫けてを繰り返しました。

先生の本に出会い、バックヤードの全出しも何回もやりました。

でも、やりきれなかったんです。

だから、ますます物は増え、手がつけられず。

そんな中、昨年のコロナでの学校休校。

この雑然とした家に子どもを長い時間留守番させなくてはいけない事の不安。

何をするにも物をどけなくてはならず、家での学習もままならず、本当に片づけないとやばい、

でも、もう1人でなんてできない!

と思った時にLINEレッスンに申し込みました。

最初は厳選することも難しく、先生に背中を押される事もありました。

それでも躊躇する物もありました。

そんな時、不思議と1日を終え入浴中に、やっぱり手放そうと思えたりして。

兄からの
結婚祝いの鏡台とかは本当に悩みましたが、入浴中に決断。

お風呂に手放しの神様がいるのではと思ってしまうほど。

リラックスして冷静に考えられるからかもしれません。

1番辛かったのは、キッチンでした。

今回の片づけで冷蔵庫のサイズを小さくして、ダイニング側にあった食器棚をキッチンに動かすことにしたので、食器は厳選する必要がありました。

でも、夜中までかかっても厳選できず、もう無理だと思ったんです。

結局、気に入ってる食器はない、もらい物や贈り物ばかりと先生に話したところ、

「だからだね」と言われ、片づけ終わったら自分の好きな食器を揃えたら?と。

スペースの有効活用と、省スペースでしまえる食器の選び方を教えてもらいました。

まだ購入していませんが、目星は付けたので揃えていきたいと思っています(お金かかるので少しずつ)

キッチンはまだまだ道具を厳選したいと思いますが、夫も料理をするので、これは話し合いが必要なので、ボチボチやっていきます。


私が片づけでわからないのは収納方法でした。

厳選しても、それをどのようにしまえばいいのかわからなかったのです。

最初にやった和室の収納は、本当に、丁寧に教えて頂きました。

あーでもない、こうでもないと。

そしてそれを繰り返し、可動棚作りに挑戦。

実家ではそういう事は兄がやってくれていました。が、夫はDIY苦手だそうで無関心。

車がないので、真夏に材料を自転車で買いに行き、炭酸ジュースをお店の床に撒き散らす珍事件まで起こしましたが、無事完成。

やればできるじゃん自分!! 
なんて思ったり。

片づけの向こう側、憧れていた、夢の向こう側がどんなかというと、少しイメージとちがいました。

きっと私がもっとメソッドの通り、3日間でシャキッと全てを終わらせられれば違うのかもしれないのですが、想像ではゴールテープを切ったら見晴らしのいい世界が広がっているというものでした。

でも、実際は、向こう側へたどり着いてみたり、また戻ってみたり、境界線を彷徨ってみたり。

そうこうしているうち、向こう側にいる時間が少しずつ長くなっていったかなという感じです。

そもそもの片づけの完成度、更に自分の忙しさや体調、メンタル、いろいろな事が作用していると思います。

いい時は自分の行動も違います。

プリントをその辺にちょい置きしないとか。
この紙1枚が向こう側に行けたり行けなかったりの間な気もします。

でも、だんだん向こう側にいる時間が長くなる過程には、家族の変化も大きいです。

この3日間体調が悪く寝ていても散らからなかったリビングは、家族の意識でもありますね。

たまには散らかっても、リバウンドする気はしないです。

どうしたら片づくかわかっているし、リバウンドするほど物を入れたくないので!

今週から子供が登校しはじめて、今日は私は休みなので、久しぶりの優雅な午前中です。

ただ今、一部屋ずつ点検して、溜まっていた処理していないものを片付けています。

ホテル目指します!

あと、家計のことなのですが、石阪式の家計管理に取り組んで3ヶ月かかってしまいましたが、夫と変動費から割り当てた1日の使えるお金を共有し、家計の財布を1つにできたところです。

生協もやめて大量の買い物をセーブしつつ、ネットスーパーの利用をはじめました。
(生協の箱からの解放は心が軽いです)



+++

そして夏休み、長女ちゃんが率先してお手伝いをしてくれていると嬉しいお写真をくださいました。 
IMG_8172
このキッチンだと、お留守番をしていてもお料理ができるよね。
IMG_8171
私もお留守番子だったので、小学2年生で家族のみんなのご飯を作ったり、4年生の夏休みの夕飯は毎日料理を任されてたんですよ。

おうちの仕事が身につくと、将来絶対に役に立ちますからね。お家のお仕事も楽しんで挑戦し続けてくださいね!


+++

■講座名

Zoomオンラインセミナー一回やれば一生散らからないこれが最後の片づけ災害に強い家にする徹底メソッド

 

特別ゲスト:お笑いコンビ「クワバタオハラ」のくわばたさん

 

お申し込みはこちら→★

 

■日時

926日 (日)

開場 13時15分

講座時間 13時30分~16時30分(180分) ※途中10分ほど休憩をはさみます

    くわばたりえさんご登場 15時00分~1540分(40分) 

    りえさんと石阪に質問コーナー 1550分~16時30分(40分)

 

時間は前後する場合がありま

※当日ご参加いただけない方、途中退出される方も、後日、講座の動画を見られるようにいたします

 

■場所

オンラインZoom

※講座料金をお支払いいただいた方に、メールにて、Zoomに入るURLをご案内させていただきます

※講座前日9月25日(土)11時より、1時間ほど事前接続テストを行います。Zoomの操作に不安がある方は、前日にテストしていただけますと幸いです

 

■講座料金

料金:8,000円

 

 

新型コロナウィルスの流行以来、私たちの生活が一変しました。

今まで満足していた日々の暮らしが揺らぐのを実感された方も多かったのではないでしょうか。

 

まだまだ感染者が増え続ける状況に、改めて、

 

「家にモノはいっぱいあけど…必要なものはちゃんとある? 何がどれだけ必要だったっけ

万が一自宅待機になったら、この狭い家の中で、家族全員でどう過ごすの?

「私が入院したとしたら、食事は? 家事は? みんな家のことをちゃんとやっていける?

 

と胸が詰まるような思いをされているのではないでしょうか。

 

モノの持ちすぎもよくないけれど、モノを持たなすぎるのも不安な現状。

ここで「考えても仕方ない」「なるようになる」と逃げてしまうのはやめましょう。

こそ、徹底的に「暮らし」を見直すチャンスです

 

備蓄として持っておくなら、何をどれだけ持つべきか、家の中を、収納をどう整えるべきか。

普段の生活は快適に、災害が来た時も心強い、家族の絆が深まる自宅作りの最適解をお伝えします!

 

今回は、スペシャルゲストとして、くわばたりえさんが登場!

くわばた家の、『3日片づけ』を終えてのご感想は? 

オフィシャルブログやYouTube「バタやんちゃねる」では話せなかった、ここだけの話をたっぷり語ってくれます。

 

今回ぜひ、ご家族皆さんでご視聴いただき、家族全員での片づけへのモチベーションを高めてください。

ご参加お待ちしております!!

 

講座の内容を2021年9月28日(火)ひる12時〜10月5日(火)ひる12時まで配信するため、キャンセルはお受けできません




 +++
ブログがお片づけに悩むたくさんの方の目に止まりますように!ランキングご協力いただけたら嬉しいです。

2つポチッとクリックお願いいたします。
  ↓        ↓ 
 

         にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へにほんブログ村



「With online」「ダイヤモンド・オンライン」「朝時間.jp」で

新刊紹介記事を掲載中です!



 +++






 

ご登録いただきますと、このブログの更新通知をLINEで受け取れます。
   ↓


 
毎日のご飯はインスタグラムをご参考にしてみてくださいね!
スクリーンショット 2019-10-16 3.12.26

LINEレッスンについて

LINEレッスンは、トークイベントで思考改革、片づけの方法を学んでいただいた方のみが、
ご受講いただけるシステムになっております。

トークイベントにご参加くださり、LINEレッスンをご希望という方がいらっしゃいましたら、
トークイベントお申し込み時の事務局メールまで、「LINEレッスン希望」との旨ご連絡くださいませ。
事務局より、LINEレッスンの詳細をお送りさせていただきます。

関連記事


著書