手放すことを恐れて動かないのは絶対ダメ!本当に必要だったらまた買えば良い!

Aさまのお家には、さまざま種類のモノがあり、いずれは使うことができるストック類も大量にありました。

モノで溢れたお家にありがちな光景ですね。

大量のストックは、3年後か5年後かわかりませんが、使い切る前に劣化することもあります。

腐らないものならいつかは、使い切ることができるかもしれませんが、消費しきるまでの3年か5年か10年か、

その期間は、家は片づかず、快適な暮らしを諦めて生きることになります。

また、モノを溜め込む悪習というのは、一旦損切りをして痛い思いをしなければまた繰り返します。

同じようなモノを買う無駄遣いの負のスパイラルは悪化するばかりで、金銭的なマイナスも雪だるま式に膨れ上がって後々には、莫大な損失になるでしょう。

もし、そんな心当たりが少しでもあれは

「モノを最優先に考える人生で、それで良いの?」

と心に問うてみることが大切ですね。

ティッシュペーパーや大量のタオルやハンカチや、いつか使うかもしれない洗剤類と、

理想の暮らしを天秤にかけたら、どちらが大切なのか…。

Aさまは、本当に大変な思いで、あらゆるモノを手放し家から出すを繰り返されました。

「捨てても捨てても湧いてくる。自分が嫌になる。辛いです。」

と何度も何度もおっしゃいました。

ですが、

「絶対に片づけの向こう側にいけば楽になれるから!」

という言葉を信じてくださりついてきてくれました。

特に大変だったのは、最もモノが多かったキッチンです。

「キッチンにダイニングテーブルを置いたら、料理がしやすくなるよ!」

とゴールイメージを決めて進めました。

<キッチン ビフォー>
FullSizeRender
FullSizeRender
LINE_ALBUM_220109_10
<キッチンアフター>

これまで騒々しい居間で食事をされていましたが、ダイニングテーブルでご飯を食べたいという理想の暮らしが叶いました。

さらに家事動線も良くなり、調理や配膳も断然使いやすくなりました。
LINE_ALBUM_220109_4
LINE_ALBUM_220109_6

LINE_ALBUM_220109_5

LINE_ALBUM_220109_7
片づけ前の居間は、息子さんがゲームをする、テレビを見る、食事をする、騒々しい場所でした。

Aさまがゆっくりするスペースはありませんでしたからモヤモヤとしたり、イライラしたり、メンタルが落ち込んでしまったり。。。

寛ぐスペースがなければ、心が休めず、メンタル不調に陥りやすいです。

<居間 ビフォー>
LINE_ALBUM_220109
LINE_ALBUM_220109_4
<居間アフター>

片づけ後は、息子くんのスペースは和室寝室にと分けました。

そして,本も減らし背の低いカラーボックスは撤去。

面積を有効に使うシェルフを導入してインテリア的にもスッキリしました。
LINE_ALBUM_220109_3
LINE_ALBUM_220109_2
Aさま邸は、2DK。

それぞれの個室スペースは確保できませんが、プライベートなスペースはやはりお互いに必要です。

そこで、寝台車をイメージして二段ベッドを取り入れ、それぞれのプライバシーを守れる空間を作ることをおすすめしました。

賃貸住宅ですし、大きな家具を購入するには、決断に躊躇しがちですが、今後もこのお部屋に長く住むからと、Aさまはエイヤ!とご決断されました。

<寝室ビフォー>
LINE_ALBUM_220109_2
LINE_ALBUM_220109_2
<寝室アフター>

やはり、プライベートスペースの効果は絶大でした。

これまでは、息子くんがイライラすると癇癪を起こすこともAさまのお悩みの一つだったのですが、

最近は、息子が穏やかになりました。と嬉しいご連絡をいただきました。

そして、毎日Aさまとやりとりをして感じることは、片づけ前と比べると、Aさまがとても明るく前向きでいらっしゃることです。

元気で明るいお母さんから、息子くんはプラスのエネルギーを,たっぷり浴びていると思います。


明日は、片づけを終えてのAさまのお気持ちの変化など伺っておりますので、ご紹介させていただきますね。
LINE_ALBUM_220109
LINE_ALBUM_220109_3


+++


ご登録いただきますと、このブログの更新通知をLINEで受け取れます。
   ↓



ブログがお片づけに悩むたくさんの方の目に止まりますように!ランキングご協力いただけたら嬉しいです。
2つポチッとクリックお願いいたします。
  ↓        ↓ 
 

         にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へにほんブログ村


+++ 

「朝片づけチャレンジ」episode2 書類整理編のお知らせ


「朝片づけチャレンジ」episode2

 ~書類整理を習慣化するための5日間~

 1日1回の録画配信も始めます!

 20時~仕事終わりの人も集まれ!

 

2021年11月に実施しました「朝片づけチャレンジ」。

「早起きできるか不安だったけど、5日間完走できた、自信がつきました!」

「朝から京子先生の明るい声を聞いて片づけて、気持ちのいい1日になった!」

「みんなで一緒に片づけをしていると思うと、励みになりました」

など、たくさんお喜びの声をいただきました。

皆さんのお声が、私もとても励みになりました。

 

そこで、もっとたくさんの方と一緒に片づけを進めたい!と改めて考えまして、

5時30分からの「朝片づけチャレンジ」の様子を、20時にもYouTubeで配信いたします。

 

そして、今回のテーマは、書類整理です!

 

①5時30分から「朝片づけチャレンジ」

②20時から、録画配信で「朝片づけチャレンジ」

 

ご都合の良い時間帯でお申し込みいただければと思います!

 

皆さんと一緒に、5日間集中して書類整理をして、片づけの習慣と継続力を身につけましょう!

 

■講座名

「朝片づけチャレンジ」episode2

~書類整理を習慣化するための5日間~

 

■日時

2022年1月17日(月)~1月21日(金)の5日間

 

5時30分から参加の方のお申し込みはこちら→★

20時から録画配信を見られる方のお申し込みはこちら→★

 

<①5時30分参加の場合>

開場 朝5時20分

講座時間 朝5時30分~6時30分

 ※当日ご参加いただけない方、途中退出される方は、当日の正午~翌日の正午まで24時間、講座の動画を見られるようにいたします

 

■場所

オンラインZoom

※講座料金をお支払いいただいた方に、メールにて、Zoomに入るURLをご案内させていただきます

※講座前日、1月16日(日)の11時より、1時間ほど事前接続テストを行います。Zoomの操作に不安がある方は、前日にテストしていただけますと幸いです

※片づけの時間がありますので、スマートフォンやタブレットで、イヤホンを利用してのご参加をおすすめします 

 

■講座料金

料金:①、②コース共  11,000円(5日間)

 

■用意するもの

ゴミ袋、雑巾 

 

〜朝片づけチャレンジの流れ〜

 

5時30分 挨拶

5時35分 本講座の説明

5時45分 各自、厳選スタート

6時15分 質問&トークタイム

6時25分 本日のからぶき(掃除)

 

石阪から書類整理のコツを聞いた後に、

実際に書類の厳選、整理にとりかかり、

毎回、からぶきをして終了です。

 

顔出しはせず、音声を聞くだけでもOK。

顔出しできる方は、ぜひ、石阪と顔を合わせながら、

書類整理をしましょう!

 

片づけ中に困ったことが出てきたら、チャットに質問を投げかけてください。

そうすれば、質問&トークタイムに悩みを解消することが出来ます。

 

いつもより少し早起きをして、

皆で励まし合いながら、楽しみながら朝片づけを。

 

朝一番に家や書類をキレイに整えて、一日をスッキリ始められる、

この爽快感を皆さんで味わいましょう!

 

 

<②録画配信の場合>

 

■視聴可能時間

2022年1月17日(月)~1月21日(金) 各20時~

 

■講座料金

料金:①、②コース共  11,000円(5日間)

 

1月17日(月)~1月21日(金)の5日間、毎晩20時に、当日朝に行った「朝片づけチャレンジ」の録画が見られるYouTubeのURLをお送りします。

 

録画が見られるのは、翌日の20時までの24時間です。

視聴しながら、ぜひ一緒に書類整理を行い、片づけ終わった達成感と共にお休みください。

 

片づけ中に疑問に思われたことは、事務局宛にメールをお送りいただければ、翌朝以降の「朝片づけチャレンジ」の中で可能な限りお答えいたします。

 

+++


+++

「With online」「ダイヤモンド・オンライン」「朝時間.jp」で

新刊紹介記事を掲載中です!




LINEレッスンについて

LINEレッスンは、トークイベントで思考改革、片づけの方法を学んでいただいた方のみが、
ご受講いただけるシステムになっております。
トークイベントにご参加くださり、LINEレッスンをご希望という方がいらっしゃいましたら、
トークイベントお申し込み時の事務局メールまで、「LINEレッスン希望」との旨ご連絡くださいませ。
事務局より、LINEレッスンの詳細をお送りさせていただきます。

関連記事


著書