{71999F5D-DBCD-4019-9C3F-D0B660E67E14}

日常の小さな改革が起きると気持ちがワクワクします。

三角コーナー、水切りかご、洗い桶のない広々としたキッチンは、朝家事のスタートダッシュ、帰宅後のマッハのスピードクッキングに欠かせない空間になっていてもう元にはもどれません。

キッチンに無いと不便というような気がしていましたが、長年の思い込みだっただけ。

そんな快適なキッチンにも、実はまだちょっと気になる事が一つだけあったのです。

それは、ガラガラ閉店の後もしっかり乾かない食器洗いスポンジ。

心の片隅でサワサワ。。。サワサワ。。そうザワザワの一歩手前のサワサワ(笑)でした。

いやいやでもでも潔癖性はあかんあかん。。

と思いながらも2週間に1度は、スポンジを新しいものに取り替えていました。
100均のスポンジならお安いしいいかなと思ってみたけれど、実際手にとってみると気分が上がらない。
やっぱりそういうものが一つあるだけでキッチンが快適な場所じゃなくなっちゃう。

どうしようどうしようと思っていたんです。スポンジ解決しました!
問題の解決は文末のお楽しみに(笑)

で話は大きくそれちゃいます。

わたし、子供の頃母に屋台のものは食べちゃいけないと言われて育ったの。
お祭りにいくと美味しそうなにおいに誘われて屋台で食べたくて仕方がなかったのですが、
「母のお腹こわすよ~」という強い暗示にかかり、今ではすっかり食べられなくなってしまいました。

これって全くいいことないな~と思うんです。

以前家族でプーケットに旅行に行った時のこと、西洋人も日本人以外のアジア人も食あたりは滅多に起こさないけれど、日本人は、食あたりを起こす可能性が高いので気をつけてくださいね。と現地ガイドさんに言われました。先週も一人入院したんですよ~特に日本語メニュー無いとこはやめといた方がいいですよ。なんて言われて
「ひゃあ恐ろしい!」と思ったの。
でもせっかくここまで来たのに、大丈夫やからいろんなもの食べよう!と夫と娘。

どうかな~と思いつつもせっかくだしと帰国直前のランチは日本人観光客の行かないレストランを選びました。

海風の通る小さな小さな日本語のメニューのないレストランでした。

そんな楽しいはずのランチの時間もガイドさんの言葉が思い出され、用心深い性格の私と息子は完全に火の通ったものしか食べられませんでした。

冒険心の強い、夫と娘は、いろんなお料理をたくさんいただき美味しい美味しい!と上機嫌。帰国の飛行機に乗りました。

すると。。なんと。。。

夫と娘。飛行機の中でちょっとしんどいと言い出して
日本に着いた頃には真っ青な顔色。

家に帰ってから一週間ほど寝込んでしまいました。

旅行中じゃなくてよかった、とは思ったものの本当に現地ガイドさんがいうように日本人は菌に弱いんだという事実を目の当たりにして、衛生的すぎると免疫力がなくなっちゃうのかなと思ってしまいました。
もっと逞しくならねば!とまずは、軍手でしか触れなかった猫ちゃんと仲良くなりわたしの潔癖症は、かなり改善されました。

潔癖性は損!といいながら綺麗にしておきたいスポンジの話に戻ります(笑)

食器洗いのスポンジを結局どうするかというと、洗濯機に入れて乾燥までさせま~~す。簡単すぎ(笑)

ザッツオール!です。

ガラガラ閉店した後にシンクを拭いた手拭きタオルと共に洗濯機へ。
朝になったらすっかり綺麗に乾燥して新品同様。

潔癖はいかんといいながら洗ってるやんとツッコミを入れながらも、

スポンジを洗濯機にほりこんで洗ったらいいや~ん!

って一人で感激しちゃいました。
我が家の小さなkitchen革命が起きました。
というお話でした(*^_^*)

ブログを読んだよ!の印としてポチッと押していただけたら嬉しいです。
  

にほんブログ村

そしてみなさんのモチベーションアップにFacebookグループ
「奇跡の3日片づけ はじめました」をご利用ください!
同じな悩みを持つ仲間がいれば片付けも乗り越えられます。
卒業生さまもたくさん参加されていますよ。

ご参加希望の方には、チャーミングな管理人さんが優しく迎えてくださいます。
検索してみてくださいね。

*****************************
一生リバウンドしない!奇跡の3日片づけ/講談社