今日で阪神淡路大震災から20年。


大阪の南の方はそれほどの被害はありませんでしたが


あの日は夫は海外添乗に行っていて両親も海外旅行に行っていたので友人とも連絡がつかなくなってすごく不安だったことが思い出されます。


温かい部屋で 食事や水の心配もなく衛生的に暮らせることへの感謝の気持ちを忘れてはいけませんね。


ついつい忘れがちだけど。。。



自然災害などで 被災された方が一時帰宅で家族との思い出の写真を一生懸命探される映像をみると写真は家族にとっての大切な宝物なのだとジンとします。



私にとっても家族との思い出の写真は宝物です


けれどスペースは限られているので 写真の整理の方法は 3つの時代に分けて考えています。


①独身時代


②夫婦時代


③家族時代 


私の中では優先順位が高いのは③ もはや①と②は無くてもいいかもと思えるほどです。


とっても大切なのは③の家族との写真はすぐに取り出せるように


寝室のテレビ台の下にこのように収納しています




コチラ↓はアルバムとDVDです

ビデオテープはずいぶん前にDVDで変換したのでこんな風に 端から4冊コンパクトになりました。


また、写真は以前、大きなフエルアルバムでしたが 子供たちがこの家を出る時に持っていくことを考えると困るだろうと 無印のコチラに変えました。


 ポリプロピレン高透明フィルムアルバム・3段・3冊組 L判・132枚用×3冊




でも!

多くの生徒さんのお家で独身時代の写真の置き場に困っておられる方が多いので


子供達が結婚してこの家を出ていくときはwebアルバムにしてあげたいと思います。

そこまでいいわって子供達は言いそうなので(笑) 


写真は実家でみたら?ってね事でもいいと思っています。


また、災害時に家族を探すためには写真が必要になることを考えると 写真をwebで保管する方法はとてもいい方法です。自身がPCやスマホを使えなくても 人に頼めることができればアウトプットは可能なのですから。



また、レッスンで皆さんお悩みが多いのは 子供が残した日記や作品。


子供が小さいころの作品や作文は親の執着が9割です。

子供は要らないっていってもママが躊躇しています(笑)


絵やかさばるものは写真で残す方法を本にも書きましたね。



子育てを通して学んだり泣いたり笑ったりアウトプットしたものは 子供にとってというよりも親にとっての宝物


美しく取り出しやすく保管する方法が良いと思います。

子供の書いた日記を読むのは 今でも私の至福の楽しみなのですー




子育てに悩んだり落ち込んだ時も読めば優しい気持ちになれました。


パパが水疱瘡になったときの絵日記。ブツブツだらけの夫に 困った私の顔(笑)

久々に笑ってしまいました。



時を超えて家族と過ごした日々を思い返すことで 今日は未来に繋がっていることを実感できると思います。


思考と行動が未来を変えますね。


27日のトークイベントでは 3日片づけの思考改革や方法を ご質問もお受けしながらお話しさせていただこうと思っています。


ぜひお友達とお誘いあわせて 会いに来て下さいね。



お申し込みは コチラ↓






掃除・片付け ブログランキングへ

住まい ブログランキングへ
***************************************

絶賛発売中です!