NEWSHOME&NewsStyleへようこそ
ひっさしぶりすぎる更新になってしまいました。。。

お仕事は 肉体労働ですので 夜は眠くって バッタンキューの1週間でした。

お伝えしたいことは 山ほどあるのですが おっつきませんわ。。。

気合いをいれて 今日のテーマは 物置部屋について。。。


私がお片付けさせていただくお家で頻繁にく出会う物置部屋。


納戸ではなく 部屋としての役割を果たせず いつの間にか物置となってしまっている 暗~いお部屋です(笑)

大抵の場合 雨戸も開けてもらっていません。


上の写真A様宅にも 一部屋このような物置部屋になってしまっているお部屋がありました。

(お写真提供のご協力ありがとうございます。)


住宅ローンのことや お家賃のこと考えると ああ勿体ない。。。と思ってしまいます。


こういったお部屋の中には 引っ越しから 空けずに置いてあるダンボール、日用品のストック、おもちゃ、アルバム、賞状類

などなど。。。日常にすぐに必要なさそうなものが置いてあることがほとんどです。

奥様は たまにそうそう! あそこにあるはずとひらめいた

という感じで このお部屋から 必要なモノを探し出したり とりあえず買っておいたストック類を入れたりしておられていたとのことです。


さて、このお部屋 なぜこんな状態になったのでしょう。


それは 「お部屋に役割が定められていないから」なのです。


A様も 整理収納を学んでいただくまでは とりあえずとっておこう。

いつか使うかも。。。

捨てられないし~と思っておられたものをこのお部屋にポイポイっとほおりこんでおられました。

とりあえずのお部屋だったのです。

不思議なことに このとりあえずのお部屋があると 他のお部屋にも伝染してってしまいます。

審美眼が損なわれていくからなのだと私は思います。

この部屋よりマシ。。キレイ?という間違った感覚が 他のお部屋に感じてしまうのです。


整理収納を進め このお部屋の役割も明確になりました。


このお部屋は 子供さんの分散していたおもちゃを集め 自分でお片付けできる自立した子供部屋&ご主人の釣り道具置き場と設定。

全ての入ってくるものに住所をきめましたので このお部屋にも役割を決めたわけです。


ご主人の趣味の 釣り道具は この一角をにあったクローゼットを再利用 

釣り道具一式は整理し空っぽになったクローゼットにぴったりと収まりました。


お部屋に役割を持たせることで このお部屋はよみがえり、ほかのお部屋も整い ホームファイリングも完成させました。毎日の生活が一新したと喜んでいただけました♪私も嬉しいです!!



NEWSHOME&NewsStyleへようこそ

あと少し キッチンを整えれば A様邸も終了です♪

毎回 作業が終了するころには お客様ととっても仲良しになれるので このお仕事本当にはじめてよかったと

思います♪


暖かくなってきました。

お家の中に 物置部屋がもしあったら そこからスタートしてみませんか?

物が捨てられないと思っているかたにとっては 一番物が捨てやすく 片付けるきっかけを与えてくれるお部屋のはずですよ。

そして きちんと お部屋の役割をきめてあげてリバウンドしない ゆとりの空間として使ってあげましょうね♪




←コチラに参加しました。クリックいただけると嬉しいです。


**********************************  

<ニューズスタイル マンツーマン お片付けレッスン>


お家丸ごと一軒をご一緒にお片付けしながら お片付けの技術を身につけていただきます。
思考の整理を行い 大切なモノを選び出し 全てのモノに 定位置を決めていきます。 
一生ものの お片付けの技術は あらゆる場面で役立つ 財産だと思っています。


★現在マンツーマンレッスンは 来春まで満員のため 募集をストップしています。

 ご予約が あきましたら 改めてこちらより募集させていただきます