おもちゃのお片付け。わが家には もう可愛いおもちゃはないので お片付けさせていただいたお客様のお宅のお写真でご説明させていただきますね。


A様宅の お家にお伺いした時には リビングにおもちゃはこのような状態でありました。



NEWSHOME&NewsStyleへようこそ

まだ4歳の子供さんなのでリビングが遊びの場所。いつの間にか リビングはおもちゃが占領し、色が溢れ ゆったりと過ごせるお部屋ではなかったようです。


大人にとってはガラクタにみえても 子どものにとっては宝物だったりとおもちゃの整理は子供さんと一緒にすることが原則です。

お片付けに伺うときはいつもAちゃんは保育園で不在でしたので ママに整理の方法をお伝えさせていただき遠隔レッスンですすめました。


おもちゃは 2種類にわかれます。


★子供が好きで遊びたいもの

★ママが教育の一環で取り入れたいもの



まずは Aちゃんが本当に遊びたいものを選びぬく作業から。


全部出す Aちゃんが遊びたいものだけを選びだしてもらうだけです。


ママが 遊んでほしいもの。ママと一緒にする知育教材などは ママにもう一度本当に今のAちゃんに必要なのか?

向き合ていただきました。

そして 厳選していただいたものを 収めたのがこの写真です。


NEWSHOME&NewsStyleへようこそ

NEWSHOME&NewsStyleへようこそ


1回の向き合い作業で かなり減らすことができました。

でもまだ 向き合えそうな気がしましたのでお家のお片付けと並行しておもちゃの見直しも継続していただきました。


そうするうちに お家のあらゆる場所がきれいに変わっていくことに Aちゃんの審美眼もどんどん磨かれていきました♪


ママが モノを元の場所に戻さないと Aちゃんが 注意したりと 4歳の小さなAちゃんの意識もどんどん変わっていかれたのです。


これは私もビックリでした。

そして 遠隔レッスンでおもちゃの整理を すすめていき最終的にはリビングに出すおもちゃはこれだけで十分ということに気づかれたのです。



NEWSHOME&NewsStyleへようこそ

NEWSHOME&NewsStyleへようこそ


おもちゃのお片付けのポイントは 焦らないこと!


家族の共有スペース, 引き出しの中や扉の中が、 どこを開けてきれいに並び揃えられていると子供は 

自然と 美しいことは 気持ちがいいということを感じます。 


審美眼を自然とあげるように促すんですね。

そうすると自分のスペースで 必要なモノをえらんでみようね♪と声掛けをするだけで 自然とサクサク進んでいくのです。


このお片付けで A様宅のリビングは 下記のようにスッキリとくつろぎスペースとなったのでした。


ビフォーアフターでならべてみますね↓



NEWSHOME&NewsStyleへようこそ

NEWSHOME&NewsStyleへようこそ


Aちゃんはすっかり整理収納の達人となられているそうです♪


ママも Aちゃんの成長にびっくりされているとメールをいただき私も嬉しく思うのでした♪


春休み 子供さんと一緒に おもちゃと向き合って  ママも共有スペースの引き出しを綺麗に整えてみてくださいね♪


お片付けは楽しみながら 決してイライラしないでくださいね~♪



**********************************  

<ニューズスタイル マンツーマン お片付けレッスン>


お家丸ごと一軒をご一緒にお片付けしながら お片付けの技術を身につけていただきます。
思考の整理を行い 大切なモノを選び出し 全てのモノに 定位置を決めていきます。 
一生ものの お片付けの技術は あらゆる場面で役立つ 財産だと思っています。


★現在マンツーマンレッスンは 来春まで満員のため 募集をストップしています。

 ご予約が あきましたら 改めてこちらより募集させていただきます