NEWSHOME&NewsStyleへようこそ

とても寒い2月ですが 4月の新年度にむけてのお引越しが2,3月は続きます。


先週は お引越し先の下見、採寸、をさせていただきました。


さて いよいよ今週末は ご一緒にモノとの向き合い作業です。ご新居に連れて行ってあげるモノ達を選びぬく作業です。

新居の行動導線に伴う家具の購入もご提案が必要となりそうです。



お引越しは整理収納の 大チャンス!


家中の物を嫌でも 目にし向き合うことができるのです。


今まで お家が片付かなかった理由の 多くのお家は物が多いこと。


どう見ても 使いづらい間取りのお家も 正直あります。どうしてここにキッチンなの??冷蔵庫の位置はどうしてここ?という間取り。

きっとお料理なんてしたことのない男性が 設計されたんだろうなあ。。。と残念に思います。

でもそう嘆いてばかりもいられません!


リフォームは コストの面からも 手軽にできるものでは無いので できるかぎり 今必要なものに絞り暮らしをシンプルにすることをおすすめしています。


これから お引越しを考えておられる方もご参考にしていただきたい事を書きにまとめてみました。


・各お部屋の採寸をし 間取り図面を書く。コンセントの位置も記載する

・クローゼット、押し入れなど 収納部分の実寸を採寸し図面を書く

・新居に持っていく予定の 家具、電化製品などの サイズを測る

・図面に 縮尺した 家具、電化製品などを並べて 行動導線をイメージする



この作業で 実際の暮らしをイメージするとどのような 機能の家具を買い足せばよいのか?ということが

わかります。


その前に モノと向き合う作業、今の自分に必要なモノを選ぶ抜く作業は必須ですよ。



先日の 梁井建設さん の この方とのランチ でご提案いただいた タスボックス

NEWSHOME&NewsStyleへようこそ (トステムさんよりお写真お借りしました)


ボックスを 足していくことで お部屋にピッタリな収納が作れます。

床材と 建具全てトータコーディネイトできるので お部屋のイメージも統一できます。

より スッキリ 美しい収納プランが作れそうです。

収納用品も日々進化しているようですね。


**********************************  

<ニューズスタイル マンツーマン お片付けレッスン>


お家丸ごと一軒をご一緒にお片付けしながら お片付けの技術を身につけていただきます。
思考の整理を行い 大切なモノを選び出し 全てのモノに 定位置を決めていきます。 
一生ものの お片付けの技術は あらゆる場面で役立つ 財産だと思っています。


★現在マンツーマンレッスンは 来春まで満員のため 募集をストップしています。

 ご予約が あきましたら 改めてこちらより募集させていただきます


←コチラに参加しました。クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村