箪笥の中の 衣類はどのように収納されていますか?


「衣類は立てて収納」と どの収納本にも書かれていますが。。。


本当にそうなのでしょうか?


私もお片付け作業の現場で 多くの衣類をお持ちで 収納スペースに収まりきらない場合、

お客様には

「同じ大きさの長方形にたたんで 立てて収納すると検索しやすく 量もたくさん入ります。」と申し上げています。


でも。。。

立てて収納する方法は 平置きだたみ に比べ 衣類を折る回数が多くなります。

折る回数が多い=折りじわができる ということです。


本来お洋服は 「売られている状態」が 一番 美しく傷まないのです。

立ててたたんだお洋服を 売られているのを私は見たことがありません。




衣類の量が 収納スペースに収まる適正量なら 下の写真のように収めることができます。


同じ色のもの同志で重ねて、検索しやすく、引き出しを開けた時に美しく。


お洋服を 出す時も上の物を片手で持ち上げスッと引き出せば美しいまま取り出すことができます。


重要なのは 衣類の量と 収納スペースの関係。




・今は時代遅れだけれど 高かったので処分できない。

・着心地は 悪くて気分が乗らないけれどまだ着られるから処分できない。

・サイズが合わなくて いつか着られるかと何年も置いている。



いろいろな理由で 処分できずクローゼットや箪笥の引き出しにぎゅうぎゅうに詰にしていたり、

無理やり立てて収納していたりする洋服達


洋服を着るというのは どういうことでしょうか?

洋服で自分をどう見せたいですか?

洋服を着たときどんな気持ちになりたいですか?


「洋服は 自分を最大限に美しく見せる為の道具」と心に置いて整理してみてはいかがでしょう。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ ←コチラに参加しました。クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村



NEWSHOME&NewsStyleへようこそ


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ ←コチラに参加しました。クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村